スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーン建築その1

昔から、日本の人工林には使いやすいさの意味相もあり、大体が

スギ 



ヒノキ

などの針葉樹が主です。

江戸時代には幕府により、地域の名産品として、木材生産を行い、ブランド材が誕生したと言われています。

主要国産ブランド針葉樹の名産地は以下です。

●青森県『青森ヒバ』
●秋田県『秋田スギ』
●岩手県『南部マツ』
●福島県『会津キリ』
●長野県『木曽ヒノキ』
●静岡県『天竜スギ』
●三重県『尾鷲ヒノキ』
●岐阜県『東濃ヒノキ』
●京都府『北山スギ』
●奈良県『吉野スギ』
●島根県『山陰マツ』
●高知県『魚梁瀬スギ』
●大分県『日田スギ』
●宮崎県『向日マツ』
●沖縄県『屋久スギ』

等々、主な国産ブランドです。針葉樹はソフトウッドとも呼ばれ、その加工のしやすさ、それと真っ直ぐ立つその特長から柱などに使われます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kominkalove

Author:kominkalove
一般社団法人 新潟県古民家再生普及協会の代表理事をしております笹口智也(ともなり)と申します。新潟県は勿論、全国にはまだまだ沢山の貴重な古民家(築60年以上)や古材がたくさん残っています。江戸時代には古材屋があったようですが最近では解体され産業廃棄物として捨てられているのが現状です。未来の子供達の為にこの貴重な財産を残し、再利用する事を目的に様々な活動をしています。

連絡先
新潟県燕市下粟生津604-5
℡ 050-7519-7540 Fax 0256-93-1070

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。